読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビールが旨くて何が悪い?

ビールと私のほろ苦い日常 Amazonパントリーで買えるビールを飲み尽くすまで続けます

ラーデベルガー Radeberger (ドイツ) ビール感想文15本目

ドイツの正統派ピルスナー ラーデベルガー

うまい。ドイツビールらしいしっかりとしたボディ。正統派。本格派。王道。

f:id:ziiico29:20161223184329j:plain

ドイツ帝国初代宰相ビスマルク御用達のビール。

f:id:ziiico29:20161223184331j:plain

f:id:ziiico29:20161223184332j:plain

ピルスナーらしいクリアな黄金色。これぞビール。

一口目はしっかりと苦い

一口目のガツンと来る感じはやはり日本のビールと違うなーと感じます。しっかりと苦い。勿論IPAなどより苦いものもありますが、ピルスナーでここまでしっかりと苦いと嬉しくなってしまいます。

骨格のしっかりとしたビール

ピルスナーといえば日本のビールなんかだとすっきり感が強調されがちですが、このラーデベルガーは違う。濃厚というわけでは無いのに、それでいて骨格がしっかりしているのを感じます。骨太。味の輪郭がしっかりとしているというか。

それでいて後口はすっきりするんですね。不思議だ。キレもありながらコクもある。そう、まさに日本のビールが目指しているところじゃないのか。その目指すべき答えのひとつがこのラーデベルガーでは?

ビール純粋令を守ったラーデベルガー

ビール純粋令を今も守り、大麦麦芽、ホップそして醸造所保有の井戸から引く軟水のみで作られたビール。

ラーデベルガー醸造所ではこのひとつのブランドのみを作り続けているそう。目の行き届く範囲でできることをしっかりとやる。この純粋さ、頑固さこそがドイツビールの真骨頂。

ラーデベルガーに相性の良い料理は?

これはなんでも合わせやすそうです。日本の一般的な大手ビールで合わせられているような料理ならなんでも合うかと。やはり揚げ物系は間違いないところでしょうか。お肉料理のほうがより向いているかな。

ラーデベルガーの詳細

原材料:麦芽、ホップ

内容量:330ml

アルコール分:5.0%

輸入者:株式会社 都光酒販

原産国:ドイツ

価格:330ml×24本で¥6458(¥239/本)